英国の名残・・・。

わがオフィスの斜め前(斜め下?)に鎮座するのはセントラル(中環)では物凄く珍しい低層!?の建物。
それが Legislative Council Building (通称Legco ビル)。
とにかく群を抜く低さ!近代的な高層ビルが乱立するセントラル(中環)では異彩を放ってます。
コロニアル調の屋上ドームが特徴的な、英国統治時代の旧最高裁判所ですが、薄暮を背景に淡いオレンジの明かりが灯るこの時間が一番趣のある佇まい。
遠く100年前アヘン戦争以降の香港の変遷を知る数少ない建造物です。
b0091855_0151480.jpg

[PR]

# by stanley88h | 2006-05-13 00:16 | 香港生活  

W杯 IN マカオ!?

いまマカオから戻りました。
毎週木曜日はプロジェクト会議でマカオに出張。
ここでは、ポルトガル、フランス、ドイツ、スイス、イギリス、アメリカ、香港、マカオそして日本の9カ国の人間が終日、喧々諤々、主義主張の飛ばしあい。持久戦とあいなります。

ある発言に対する各々の反応はというと・・・。
いつもポジティブ ポルトガル人 “You can do it !(いいじゃん、やってみろよ!)”
ちょっとシニカル フランス人 “Up to you !(好きにしたら!?)”
頑固一徹堅物 ドイツ人 “Follow the contract !(決め事に従えよ!)”
お調子者 イギリス人 “Sounds good !(良さそうだな!)”

発言の主はと言うと・・・自分。。“What I want to propose is (こんなアイデアあるんだけど・・・)”

それぞれよく言えば個性的、悪く言えば勝手気まま。でも目指す方向、目標は一つなのでなんだかんだで纏まりはいい?はず。

こんな視点でW杯で各国の戦術を眺めてみるのも案外おもしろいかも・・、もちろん本当のW杯
でのこと。。

↓W杯 IN マカオ 異国の地でジャパニーズビジネスマン奮闘!?中。。
b0091855_23425722.jpg

[PR]

# by stanley88h | 2006-05-11 23:43 | お仕事  

ところかわれば・・・

「香港の嫌いなところは?」との質問に対する回答第1位は何でしょうか?

ずばり “大気汚染!”
特に欧米人の5割以上はそう感じるみたいです。
でもこれは大陸(中国南部)の工場地帯から汚染大気が流れ込んでいるのが主要因ですけど。

自分は、早朝の “1時間後の喧騒とはかけ離れた” Central (中環)の澄み切った空気と雰囲気が意外と好きですけどね。

↓事務所のあるビル1階のスタバから望む早朝のCentral (中環) ビジネス街の空
b0091855_2334787.jpg



それに次ぐのが “人の多さ!”
確かに東京都の半分の面積に700万人弱(横浜市の2倍)が住む世界随一の人口密度。
特に、わが事務所のあるCentral(中環)は香港一のビジネス街でもあり、確かに通勤時間帯の人の多さには辟易することも・・・。
ただ、丸の内や新宿、品川への通(痛?)勤地獄を味わっている日本人駐在員達には、モウマンタイ(無問題)な話ですけど・・・。
Door(自宅) to Door(会社) が30分以内なんて、東京ではモウ(無)なので・・・。
[PR]

# by stanley88h | 2006-05-09 23:06 | 香港生活  

生日快楽!

Happy Birthday !
We're so glad to have your 9th birthday today.
b0091855_2134547.jpg


生まれたときには2,500g弱で少し心配だったけど、いまや27kg!(はい27kgは何g?)
大きな病気も怪我もなく成長してくれたことが何よりの親孝行。
ママ、おじいちゃん、おばあちゃん、そして周りのすべての人々に感謝だね。

親の期待以上に語学も勉強もがんばってるけど、これからもいまのように、小さい子供たちへの面倒見のいい、そして誰よりもお姉ちゃん大好きな妹のためのお姉ちゃんでいてあげてください。

I hope it would come true whatever you wish!


b0091855_21515548.jpg楽しみにしてたプレゼントのローラーブレード! でも何故かSまでプリンセスシリーズを。。。末っ子は抜け目ない。
[PR]

# by stanley88h | 2006-05-07 21:52 | 香港生活  

STANLEY!!

香港での買い物と言えば、IFC、LANDMARK、PACIFIC PLACE、TIMES SQUAREにLane Clofford。
わが若手駐在員たち(Tくん、Eくん、Fくんも)、そしてかくいう自分もおのおのの財務大臣の目を盗みつつ少なからず投資をしてきたね~~。

ただMy Favorite Shopping Placeは、実はStanley Market!
香港島南部(South Side)にあるStanley(赤柱)と言えば、南欧風の佇まいと週末のオープンカフェにワンちゃん連れで集う西洋人在港者。
b0091855_23323640.jpg

自分も自家用車付きで会社からの住宅補助がもう少し(非現実的なもう少し!)あれば、絶対ここに住む!って決めてる。妄想かも!?

今日は娘たちの愛する2階建てバスに乗り、途中インディージョーンズさながらのスリルを味わいながら(今度ゆっくりレポートします)、いざStanleyへ!

b0091855_2333403.jpgまずは腹ごしらえならぬ、喉を潤しながらの作戦会議と思いきや、お茶もそこそこに、うちの奥様は御用達である対面の子供服Shopへ。
あっというまに長女のコーデュロイスコートを破格値で御調達。

自分はというと、今日の目当ては膝下丈のハーフカーゴパンツ
この時期、もう気温は常に30度超。さらに湿度も80%超ということもあって、
Tシャツ+短パン+ビーサンが定番なのです。
ここ数ヶ月なかなかこれというものに、上述のセレブショッピングエリアで出会えなかったので
最後の希望の砦であるStanleyでなんとか探し出さねば!
目指すアイテムは最近日本でも火がつき、本国では遂にNYの5th Avenueにも進出したらしいAbercrombie&Fitch(通称アバクロ)。

Stanleyでの買い物の特徴は、まずその安さ。そしてサイズ、色、質を揃えた掘り出し物をどう
探し当てるか!
そう一種のTreasure Huntingなのです。

奥様の本丸攻めとも言うべきThe Salvation Army(救世軍)にて娘二人お揃いのワンピースを見つけ出すまで粘ること3時間!
これが↓本日の成果品。計8点でHK$350!(5200円!)
b0091855_23343931.jpg


もちろんアバクロ(写真中央、ダークカーキ色で切りっぱなしがポイント)も見つけ出し、秘宝を探り当てたインディージョーンズさながら、満足げに帰りの2階建てバスに乗り込んだのでした。
[PR]

# by stanley88h | 2006-05-06 23:35 | お買い物  

トラムに乗ろう!

ご存知のとおり狭い町を二階建てバス、ミニバス、タクシー、車、MTR(地下鉄)そして人、人、人が行き交うのが香港!!
b0091855_1225295.jpg


なかでも道のど真ん中を、そこそこのけ私が通る!の我物顔で突き進むのがトラム!

日本では日露戦争が勃発した1904年!?創業。繁華街のメインストリートから狭い路地裏までの路線網を誇るツワモノ。

香港に赴任以来、家族、友人、知り合い、さらには仕事関係のVIPまで来港の折に必ず乗車させてます。
どんなにいかついビジネスマンでも、のんびり、ゆったり、ほのぼのトラムに乗ると、ひと時の安らぎを感じるようです。
観光ツアーに組まれていない、島内一律どこまで乗ってもHK$2(30円!)の格安ヒーリングツアーをお試しあれ!

Causeway BayからHappy Valleyに向かうトラム!
b0091855_12263183.jpg

[PR]

# by stanley88H | 2006-05-06 12:27 | 香港生活  

暑い!熱い!それが香港そしてマカオ!!

香港駐在5年目にしてブログ開設です。
家族にとっては生活の場、自分にとってはビジネスの場である香港、マカオ。

聞くも涙、語るもナミダ、右往左往しながらの駐在員生活は  憧れ!!の海外生活とは
あなをかし。。

七転八倒、三歩進んで二歩下がる、凡を極めて非凡に至る。
寄り道しながら、いつか辿り着くさ極上生活!!信じよう!信じるものは救われる!?

日本ではありえない!!人、空気、もの すべての暑さ、熱さをお届けします。って誰に!?


熱いと言えば、まずはHONG KONG SEVENS 通称;セブンス!
香港最大といっていいほどのお祭り!イベント!
この日(週末3日間の開催ですが)ばかりは、欧米人が主役!
といってもプレーヤーではありません、“AUDIENCE” です。
いわばスタジアムの中のリオのカーニバル状態!
踊るあほうに見るあほう、おなじあほうなら騒がな損!損!ってなもの!?
きっと普段はブリティッシュネイビースーツに身を固めたビジネスマンらしき人達も
みんな・・どうしたの?だいじょうぶ??そのままおうちに帰っていいの???
となります。

b0091855_1362134.jpg



われらがJAPAN!もオールブラックス(NZ)相手にあわや?大金星の奮闘!
ふた回りは違うであろう、NZジャケットを着込んだ目の前の金髪坊や相手に
むきになって年甲斐もなく叫んでおりました。

“We should have got it !! ”

いいんです、あの雰囲気の中では許されるんです。。
3日間皆勤賞に付き合わされた、わがやの娘たちの視線はちょっと引いていましたが・・・。

熱くなれないオヤジであってはいかんのです。娘よ!こんな父の姿を誇りに思いなさい。
ラガーシャツまで着させられた長女よ!きみは偉かった。

b0091855_1545461.jpg

[PR]

# by stanley88H | 2006-05-05 01:55 | スポーツ